例会詳細情報


公演内容
  • 第188回例会「ある八重子物語」 次回

    井上ひさしが新派に書き下ろした作品。
    200x200
    <開催月>2023年1月
    <劇団名>劇団民藝
    <作>井上ひさし
    <演出>丹野郁弓
    <出演>篠田三郎 有森也実 日色ともゑ 桜井明美 他


  • ものがたり
    「ある八重子物語」とは・・・井上ひさしが新派に書き下ろした作品で、1991年11月に水谷八重子13回忌追善新派公演で初演をしています。初代八重子をめぐる物語ですが「ある八重子」というように八重子は登場しません。
    下町柳橋にある古い病院が舞台です。ここに出入りしている新派好きの芸者に有森也美、院長に篠田三郎が客演をします。「夏・南方のローマンス」に出演した桜井明美、中地美佐子、塩田泰久、みやざこ夏穂らが全く違う味を出しているところも見どころです。硬派の芝居を主流とする民藝が喜劇に挑みます。新派劇の「滝の白糸」「婦系図」「日本橋」「明治一代女」など代表的な舞台の名せりふも存分に楽しみます。

  • 例会場
    □ 千葉市民会館
      2023年1月26日(木) 18:30開演、
            27日(金) 13:00開演、
            28日(土) 12:00開演

    □ 2時間55分(休憩20分)
    ※ 観劇時の託児依頼あり

  • 更新:2023年01月06日 17:08